応援窓口「NPO法人MCLジャパン」の一部として活動開始

ミンダナオ子ども図書館のいわば「私設応援団」を自認していた応援窓口は、このたびNPO法人MCLジャパンに組み込まれ、主に広報担当として出発することとなりました。

 


2013年の秋ごろから準備を重ね、2014年2月に手探り状態でスタートしたこの「応援窓口」ですが、現地日本人ボランティアスタッフおよびNPO法人MCLジャパンとの役割分担が分かりづらかったこと、実際に役割が重複することなどがあり、その度に話し合いを重ねて解決してきました。そして、今回の松居さんの帰国にあわせ、MCLジャパンの理事長藤瀬憲一さん、そして長らくMCLの活動を支えている「Mの会」の頭島義成さんと、5月31日に小倉で会合をもちました。

 


応援窓口は、当サイトを活用した情報発信と、現地ボランティアスタッフの業務補助-主に日本で対応したほうがよいこと-を担当することになります。これまで以上に、ミンダナオ子ども図書館のご紹介、支援者のみなさまの情報交換、交流の場、そして支援の輪をひろげていく役割を担っていければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

☆支援方法

 

講演依頼☆

☆松居友 直通メール☆
mcltomo@gmail.com  
☆松居友 直通電話☆

080-4423-2998

(国内・現地とも同じ)

 

リンク先