スタッフの仕事拝見(2):スカラー調査は続く

昼食を終えた一行は、次なる目的地に向けて出発。自宅から学校までが遠いため、学校近くの親戚宅に下宿しているというスカラーを訪ねました。スタッフはあちこちで車をとめ、小学生、村の住人たちに声をかけて情報を集めます。

(1)小学校の先生に出席状況を確認。 → 既に本人は下校して会えないので…
(2)近所の人たちに下宿の場所を確認。→ 行ってみると本人がいないので…
(3)親のいる実家へ!
 
 
学校からスカラーの実家までは、小川、ガタガタの坂道を越え、車でもかなりの距離がありました。近所の子どもたちはみんな、毎日そんな道を通っているとのことです。大声で読んでみても誰も出てこなく、犬に迎えられたスカラーの家もありました。
 
会うまでに、かなりの労力を要することもある…と聞いてはいたものの、ここまで大変だとは!実際に同行させてもらうまでは、非効率的なのでは??と思っていましたが、支援者に現状報告をするため、欠かせない業務だということが理解できました。
 
ともあれ、8月のニュースレターが届くのが待ち遠しいですね。
 

☆支援方法

 

講演依頼☆

☆松居友 直通メール☆
mcltomo@gmail.com  
☆松居友 直通電話☆

080-4423-2998

(国内・現地とも同じ)

 

リンク先